シニアこそ筋トレ|福岡市西区姪浜の整体

JOE

  • ご予約・お問い合わせはお気軽に

    • 0928831880
    • メール

    ※完全予約制につき、事前に必ずお問い合わせ下さい

  • 診療時間 8:00~22:00

    • ※月曜定休日
    • ※火・金曜日と第1・第3木曜日は18:00まで
    • ※祝祭日営業

院長ブログ

シニアこそ筋トレ

院長ブログ

前回と同じく読売新聞の記事です。
「スポーツの力」という題名で、運動の必要性、重要性を特集しています。前回は運動の脳に与える影響、現代人の運動不足に対する内容でした。
今回は、1月22日に「シニアこそ筋トレ」という見出しで特集されていた記事です。
皆様の健康管理に関わる整体施術を仕事をしている私としても、大変に興味深い内容です。

 

―シニアこそ筋トレー

「70歳の女性の平均余命を換算すると90歳を超え(2017年)、人生100年時代が現実味を帯びてくる。
ところが筋肉は何もしないと、特に全筋肉量の約40%を占める下肢で、40代から年約1%減り続け、70代半ばには20歳前後と比べ3割近くも下がってしまう。
筋肉は基礎代謝も高いため、筋肉が減少する分太りやすい体になる、ということでもある。80代、90代では一層加速。これでは体重はうまく支えられない。」

「吉報がある。筋肉は、どんな年齢になっても鍛えて増やすことができる、一種不思議な臓器なのだ。
適切な負荷で運動すると、90代でも筋力は、12週間で174%増えたという研究結果が豪州で出ている。「加齢で筋肉量が減るのは、細胞の数が減るからです。ところがこの研究では、筋断面積が9%も増えた。やるのに遅すぎるということはないんです」82歳の今、50代の時より質の良い大腿筋をお持ちの、勝田茂筑波大名誉教授は言う。」とあります。

 

筋肉は何もしないでいると、衰えてその量も減っていくけれど、運動して鍛えることによって、80歳になっても90歳になっても、発達し続けていくことができるということです。
「もうこんな歳だから」という先入観は捨ててしまった方がよさそうですね。

私が長年取り組んでいる武術の世界では、60代、70代でも驚くような力を出したり、動きを見せたりする、いわゆる達人と呼ばれる人が実際に何人もいます。
その人たちは武術の稽古の中で、自身の身体に適切な負荷を与え続けるルーティンを何歳になっても繰り返し、動き続けるための筋肉を維持してきたと言えます。

何歳になっても運動によって筋肉は発達し続ける、ということは前回の記事であった脳力の維持、開発も運動によって可能であるということです。
そうです!私たちは何歳になっても希望を持って運動に取り組むことができるのです!!

ページトップへ戻る