熱中症と筋肉の痛み★福岡市西区早良区の整体院 ハンズオンセラピージョウ|福岡市西区姪浜の整体

JOE

  • ご予約・お問い合わせはお気軽に

    • 0928831880
    • メール

    ※完全予約制につき、事前に必ずお問い合わせ下さい

  • 診療時間 8:00~22:00

    • ※月曜定休日
    • ※火・金曜日と第1・第3木曜日は18:00まで
    • ※祝祭日営業

院長ブログ

熱中症と筋肉の痛み★福岡市西区早良区の整体院 ハンズオンセラピージョウ

院長ブログ

8月も終わろうとしているのに暑い日が続いています。
今年も記録的な猛暑日が続き、最高気温が40度を超えるような地域もありました。9月に入ってもまだこの暑さは続きそうです。

今年は新型コロナウィルスの感染対策のため、真夏にマスクを着用しなければならないというこれまでにない日常となりました。
マスクを着用することで喉の渇きを感じにくくなり、熱中症にかかってしまうリスクも高まっています。

冬場は体温の低下を防ぐために毛穴も閉じて体温の放出を防ごうとしますが、夏場は体温を体外へ放出するために毛穴は開いて身体の熱を外へ逃がそうとします。

そのためエアコンの中にいて汗をさほどかいていないようでも、体内の水分はいつの間にか低下してしまい、自分では気が付かないうちに熱中症になってしまうケースも多いようです。
そのため、こまめな水分と塩分の補給が熱中症の予防として必要になります。

スポーツなどの運動をされている方は、激しい発汗によって体内の水分の低下、塩分濃度の低下によって、筋肉がつったりする現象がおこりますが、その場合、熱中症の初期症状であることが多いので、すみやかに身体を冷やしてあげたり水分の摂取を行なうなどの対応が必要です。

また、意外に思われるかもしれませんが、体内の水分や塩分が低下するとぎっくり腰や寝違えなどの筋肉系のトラブルも生じやすくなります。

体内のエネルギーが低下して筋肉自体の収縮にイレギュラーが生じやすくなり、急性の強い痛みが現れやすくなります。
腰、首以外にもハムストリングス、ふくらはぎといった下半身の筋肉に発生するケースが多いようです。

身体の中の水分や塩分が知らない間に失われてしまっている状態で、重たい物を持ち上げたり運んだりすることなど、それほどではないように思える動作でも、局所に負荷がかかることで筋肉が拘縮してしまい、発症してしまうようです。

多くは拘縮した筋肉を調整して弛緩させてあげることで症状が早急に緩和します。
当院のハンズオンセラピーや筋膜リリースは、暑さによる筋膜のトラブルにも対応可能です。

この猛暑の中、急性の筋肉の痛みが現れた場合は早急に対処することで症状がこじれてしまうことを予防することができます。

9月に入りますが、まだまだ暑い日が続きそうです。お身体に急性の痛みが現れるなど、筋肉のトラブルが発生した場合はお早めにご連絡下さい。
早急な対応が速やかな回復と症状の悪化を防ぐことにつながります。

ページトップへ戻る